ゴールデンレトリバーと畑と鶏と。

植物、動物、季節、日々の移ろいを残していきたいです

ゴールデンレトリバーのコハクとイブキのお話です。 愛犬と山や畑を散歩します。




お料理教室のための準備

孟宗竹のタケノコが終わって一月程になりますが、真竹のタケノコが出てきました。

f:id:gooddogcatgood:20180620010328j:plain
コハクとイブキは孟宗竹、破竹、真竹の種類にかかわらずタケノコが大好きです。

好きなので食べるのですが、本当は私が持つから欲しいのかもしれません。
でも自分で皮をむいて食べてしまうのも事実です。
      動画

今夜食べるのにちょうど良さそうな筍を見つけて持っていると、コハクが「くれくれ、ほしーーよー」
せっかく私が食べようと楽しみにしていたのに、結局とられてしまいました。


種から植えたトウモロコシですが、準備が足らなかったようで、発芽が少なくしかも成長が不揃いです。

f:id:gooddogcatgood:20180620005440j:plain
でも、考えようによっては一斉に実らず順番に食べられて良いかもしれません。
苗から植えたトウモロコシは間もなく食べられそうですから、次は時間がかかっても構いません。

ここからきっちり大きくなってもらえるように、肥料を入れて土を根元に集めておきました。

f:id:gooddogcatgood:20180622033238j:plain





こちらは桜の咲く時期に植え付けた生姜ですが、ようやく芽吹きました。

f:id:gooddogcatgood:20180620005538j:plain

今まで雑草が、はびこらないようにコマメに抜いてきましたが、なかなか大変です。


しかも伸びて来た生姜の芽を誰かが食べてしまいよるし!!

f:id:gooddogcatgood:20180620005609j:plain
雑草が沢山あれば被害が少なくなると読んだ覚えがあります。
根切り虫でしょうか?


根切り虫に効果は無いかもしれませんが、雑草対策としてモミガラを敷きました。

f:id:gooddogcatgood:20180620005644j:plain
私は昔から「モミガラ」と、一般的な呼び名しか知りませんでしたが、大阪府豊能郡のこの地域では「サラヌカ」と呼んでいます。
それとも「サラヌカ」が一般的な呼び名なのでしょうか?


秋に大量にいただいてあるので、ふんだんに使えるのはありがたいです。

f:id:gooddogcatgood:20180620005811j:plain
伸び始めた生姜があちらこちらに出始めていますが、本当は他のまだ出ていない芽も育ち始めて、もう少し大きくなってからモミガラを敷き詰めたいですが、雑草に負けました。



次は周りの雑草を処理しなくてはいけませんね。

f:id:gooddogcatgood:20180620005723j:plain



こちらは枝豆ですが、写真右側は今まで防虫ネットがかけてありました。

f:id:gooddogcatgood:20180620005936j:plain

同時に植えてますが、色が少し違ってきているのとネットの中に雑草が増えて来たのでネットを外しました。


ネットをかけていなかった枝豆の葉っぱには、たくさんの穴があけられています。

f:id:gooddogcatgood:20180620010028j:plain
よく見るとモンシロチョウの幼虫(アオムシ)がじっとしています。
青虫は出来るだけ集めて、女子寮(鶏小屋)へ投げ入れたら女子生徒が「キャーキャー」言って走り回ってました。


遠くの山は能勢妙見山

f:id:gooddogcatgood:20180620010124j:plain
雨雲が低くかかり始めています。 今夜からは雨の予報が出ています。


右側の木は「コウゾ」、左は「桑」。

f:id:gooddogcatgood:20180620005012j:plain
これらの木は桑の左に植わっている作物の日よけのつもりで一昨年から育てています。


左に植わっているのは「山葵」です。
f:id:gooddogcatgood:20180620005045j:plain
すり下ろして使う「ワサビ」ができる、「あれ」です。
ここでは葉っぱを食べる目的で栽培しているので、水は流していません。
直射日光が長い時間あたると、夏はしおれてしまうので木陰を作るつもりで桑は植えました。

コウゾは勝手に生えてきたのですが、ちょうど場所が山葵の横だったのでそのまま成長してもらってます。
別に和紙を作るつもりはありませんが、コウゾの実には興味があります。
別に美味しくはありませんが沢山出来れば何か使い道はないのでしょうか? 考えてみます。


雑草をかき分けて山葵の登場(地上部)。

f:id:gooddogcatgood:20180620005150j:plain
既に春先に一度取り入れて食べたのですが、自宅の冷蔵庫に無くなったので、もう一度採り入れです。

春先に出た葉っぱは既に大きくなり過ぎて、私が食べる方法では不向きなくらいの大きさですが、この場所の山葵は一度私の父親が間違って草刈り機で刈ってしまったので最近小さな葉っぱが出てきています。

f:id:gooddogcatgood:20180620005212j:plain
これくらいの大きさです。
春に収穫しているのも同じような大きさです。


しかし春先に出た葉っぱは、こんなに大きさが違うのと、虫に食われて穴だらけ。
f:id:gooddogcatgood:20180620022451j:plain
手に持つているのが今夜料理するつもりで収穫したもの。

流石にこれほど穴をあけられると食べる気がしません。
f:id:gooddogcatgood:20180620022742j:plain


今日は山葵の葉っぱと別に、胡瓜、サラダ菜、ジャガイモ少々、パセリ、トマトを持ち帰ります。
f:id:gooddogcatgood:20180620005251j:plain


では、料理番組の始まりです。

持ち帰った山葵を、簡単に美味しく食べられるように加工します。
f:id:gooddogcatgood:20180619232243j:plain


まずは刻んで細かくします
f:id:gooddogcatgood:20180619232318j:plain


ボールに入れて塩で軽く揉んで「しなっと」させて、10分程置きます。
f:id:gooddogcatgood:20180619232726j:plain
f:id:gooddogcatgood:20180619232752j:plain


次は水洗いせずに、そのまま搾って密閉できる容器に移しかえます。
f:id:gooddogcatgood:20180619232909j:plain
今日は量が少ないので、インスタントコーヒーの瓶で。


その上から、これらの調味料を併せた溶液に漬け込みます。
f:id:gooddogcatgood:20180619233201j:plain
このまま冷蔵庫で2時間ほど置けばとりあえず出来上がり。

一晩おけばしっかり出来上がり。
もっと他にも作り方があるのは知っていますし、色々試してみました。
でも、私は素材の香りと食感が残るこの方法が好きです。
湯通ししたり番茶で灰汁抜きするのも試しました。
でも、長期間山葵の香りが持続するのは簡単な方法でした。

f:id:gooddogcatgood:20180619233523j:plainf:id:gooddogcatgood:20180619233548j:plain

3種類の調味料と最初に使う塩もみの量で味が決まるので、興味のある人は自分の好みで割合を試してください。

ちなみに我が家では2対2対1ですが、どれを1にしても大丈夫です。

って、結局どうでもいいってことなんでしょうか?



これは何が出来るのでしょうか?
f:id:gooddogcatgood:20180620010246j:plain

〇ッ〇ーニ

前回のブログの花はニンジンです。

収穫が遅れて置いてあったら花が咲きました。
ちなみにその花の咲いたニンジンを料理に使おうとしたら、硬くて固くて無理でした。
当たり前ですね。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ    にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ

ゴールデンレトリバーと畑と鶏と。
上記のランキングに参加中です。
できれば、応援クリックお願いします。

こんな綺麗な . . . . . .

今日は朝から気持ちの良い天気でした。
f:id:gooddogcatgood:20180617225517j:plain
ゴールデンレトリバーのコハクとイブキも緑の中で、ご機嫌です🎵

犬は白黒の世界を見ていると聞きますが、本当はどうなんでしょう?

ほんの少し前まで水田に植わる稲よりも、畝の雑草の方があおかったのですが、ここのところの稲の成長で水田が元気です。



この奇麗な緑の世界をどんなふうに見ているか興味があります。

f:id:gooddogcatgood:20180617225702j:plain



こんなきれいな花も・・・
f:id:gooddogcatgood:20180617233259j:plain
f:id:gooddogcatgood:20180617234247j:plain

白黒の世界で見えているのかもしれません。


先日のブログに乗せた栗の花に居る「アリマキとアリ」の写真も奇麗です。

f:id:gooddogcatgood:20180617234501j:plain


そう思ってコハクとイブキの散歩のときに、あちこち見て回ると・・・・・

f:id:gooddogcatgood:20180617235002j:plain

拡大してみると奇麗でしょう?

沢山のアリマキを蟻が取り囲んでお尻から時々出る、美味しいご飯を待っています。


その甘い汁が出た時の写真。

f:id:gooddogcatgood:20180617235237j:plain
一番下の左側の奴が、お尻の上に丸い粒をつけていますが、これがおそらく甘い汁ではないでしょうか。

他のアリマキ達も、植物の幹に口の針を突き刺して栄養分を頂戴しているのが見えます。

この写真はキリンソウですから、いくら吸われても誰も怒らず構いませんが畑の作物ならそうも言っていられません。


これは??

f:id:gooddogcatgood:20180618000334j:plain
f:id:gooddogcatgood:20180618000350j:plain

私が植えて育てている「タラの木」の新芽です。

既に春先に「タラの芽」は沢山食べたので、アリマキ「あぶらむし」が沸いても構いませんが、たくさん枠と植物の成長が阻害されてしまうので、畑では憂いいいお客さんではありませんね。



これは、蓮根を作っている池の最近ですが、植え付けた蓮根から少し離れた場所に新しい立葉が出てきています。
f:id:gooddogcatgood:20180618004700j:plain

f:id:gooddogcatgood:20180618004648j:plain

こちらは水中に蓮の葉が伸びてきています。

この蓮の葉っぱも育つ途中には沢山のアリマキが発生します。

毎年苦労するのですが、水中から出てくる葉っぱなので、私が泥の中に入って駆除するのも難しいし、薬を使うのは趣味での栽培なので無しです。

全ての作物に共通のルールとして決めているのですが、それによる収穫の減少も当然覚悟はしていますし、仕事で栽培しているわけではないので収穫が減っても構わない程度に余分に作るようにしています。

勿論工夫はしていますよ。

焼酎に唐辛子を漬け込んだ溶液を作り、霧吹きで噴霧したり、牛乳を吹きかけたりと・・・・・


苦労してます。


先日写真を使ったモリアオガエルですが、私の畑にも産み付けられていました。

f:id:gooddogcatgood:20180618004816j:plain
f:id:gooddogcatgood:20180618004830j:plain
普段は水のない場所に産み付けられていたので、下の蓮池に移動させておきます。


本来は下が池や田んぼのような水がある場所、樹上の高い場所に産み付けます。
f:id:gooddogcatgood:20180618004845j:plain


しかし、時々雨上がりなどに出来た一時的な水溜まりや道路の上に産み付けられることがあり、そのような卵を昨年までの蓮根畑で育ててき3年。

昨年は私の蓮根池で産卵してくれました。
f:id:gooddogcatgood:20180609164005j:plain
昨年の写真です。



昨年の秋の蓮根池には枯れた蓮の葉が。
f:id:gooddogcatgood:20180618004719j:plain


今年は水漏れなどの都合で二段下の畑に池を移動したので、昨年の池は畑に転作。
f:id:gooddogcatgood:20180618004730j:plain
黄色の菖蒲の花のあたりが昨年の蓮池。

いまは畑になってます。



こちらが今年の春に蓮根を作るために作った蓮池の横にあるクレソン用の池(奥)。

f:id:gooddogcatgood:20180618004855j:plain

ここには以前はドジョウを入れていましたが、いつの間にか居なくなったので、今はメダカとクレソンを養殖。

f:id:gooddogcatgood:20180618004905j:plain

ここにモリアオガエルの卵塊を移植。

鶏の被害から守るために、ここにはネットが張られています。

ドジョウを入れた時に、鶏からの被害を防ぐためにネットを張ったので鶏に食べられたはずはないのですが、ドジョウはどこへ行ったのでしょうね。

食べ物なかったのかな? それとも土が合わなかったのかな?


昔は田んぼの畔を歩くと、水田の端っこや中をドジョウが慌てて逃げるのを頻繁に見かけたものですが、最近は水田では全く見かけません。

なので島根県の業者からドジョウを1キログラム購入したのに・・・・・


たべものかな~~?

f:id:gooddogcatgood:20180618004950j:plain

産卵中の女子寮の産室。


メインの給食は玄米。
f:id:gooddogcatgood:20180618004929j:plain
後方のペットボトルに入っているのはトウモロコシのと魚粉の混合物。

f:id:gooddogcatgood:20180618004941j:plain
ボレイコ(カキガラ)も好きなように食べられます。


米糠も食べ放題。
f:id:gooddogcatgood:20180618004914j:plain


7羽の寮生が産んだ卵の色がこれ。
f:id:gooddogcatgood:20180618005006j:plain
同じ給食を与えても、生まれる卵は殻の硬さも全然違うしう、色も。


全ての食材を混ぜて毎日食べきる量を与えるとこんなに村は出ないのですが、やはり食べ物のことなので好きなものを食べられるようにしています。
鶏小屋の照明を明るくすると明るい色の卵が産まれ、暗いと色の濃いいからの色が付くと何かの本に書いてあったのを思い出しますが、それ以上に食べ物でも変わると思います。

食事風景を見ていると、ボレイコを頻繁に食べる子が居れば、糠ばかり食べる子もいます。

したがって一緒に飼育しているニワトリですが栄養価はかなり違う卵が出てきているのではないかと思っています。



こいつらも何か食べ物を探しています。
f:id:gooddogcatgood:20180618005027j:plain


私から少し離れた場所でイブキが一生懸命静かに向こう向きで(私に隠れて)居た場所委には?
f:id:gooddogcatgood:20180618005042j:plain
鹿のウンチ。
前回の白い花は、韃靼蕎麦の花です。

カナブンが止まっているこれは?
f:id:gooddogcatgood:20180618005105j:plain
〇〇〇ン



イブキが見ている掘り返された場所は?
f:id:gooddogcatgood:20180618005147j:plain
多分イノシシが掘ったんだと思いますが、何を食べたんでしょうね?

自然薯? ミミズ? ミミズ掘るのにこんなに掘りませんね。


翌日畑に行くと・・・・・
f:id:gooddogcatgood:20180618005120j:plain

同じ場所に卵塊が増えていました。
水が無くなる場所なのでこれも移動しておきます。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ    にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ

ゴールデンレトリバーと畑と鶏と。
上記のランキングに参加中です。
できれば、応援クリックお願いします。

山にある物、畑で起こっている事。

女子寮(鶏小屋)に住む生徒を畑に出すと、それぞれのスタイルで時間を過ごします。

 

砂浴びするのや、蛙をひたすら追いかける奴。

地面を蹴ってミミズなんかを探す鶏。

f:id:gooddogcatgood:20180615020532j:plain

こいつは運動神経抜群で、連続でカエルを捕獲していましたが、写真の咥えた蛙は、大きすぎて、なかなか飲み込めませんでした。

 

周りにほかの仲間が居れば、口で取り合いになり小さく分かれるので問題なく食べられますが、この時は一羽での単独行動で捕獲したので飲み込むのに途中で変な声を出していました。

f:id:gooddogcatgood:20180615020556j:plain

この時は小さな蛇を見つけたのですが、つついたら反撃されて呆然としているところです。

 

コハクとイブキも美味しい物(鹿の〇ン〇)が無いかひたすら探します。

f:id:gooddogcatgood:20180615020611j:plain

 

 

先日トウモロコシが何者かに荒らされたました。

f:id:gooddogcatgood:20180615020620j:plain

 

間も無く熟してくるので急いでネットで防御しました。

f:id:gooddogcatgood:20180615020629j:plain

当面はこれで様子を見ることにします。

 

もうこんなことは起こりませんように。

f:id:gooddogcatgood:20180615020641j:plain

 

 

トウモロコシは動物(ニホンアナグマ、カラス、狸、猿)による被害だと思われますが、今年植えた「梨の木」には病気が発生。

f:id:gooddogcatgood:20180615020651j:plain

 

葉っぱの表面が赤くさびたような色に変色。

f:id:gooddogcatgood:20180615020703j:plain

 

 

裏を見ると、細かな髭状のものが出ています。

f:id:gooddogcatgood:20180615020712j:plain

ナシ赤星病のようです。

f:id:gooddogcatgood:20180615020724j:plain

この髭から胞子を飛ばして感染を広げていくそうですが、今回の場合の梨は梨から梨への感染は起こらないようです。

 

2つの植物を交互に行き来して生活する「異種寄生菌」で、今の時期は梨に発生し、胞子を飛ばし次はカイズカイブキなどに移動し、来年の春には再び梨に感染するようです。

 

今回の場合今年の春先に2本の梨の木をホームセンターで購入したのですが、2本とも感染したので、近くにイブキは居ますがカイズカイブキが見当たらないこの地域なので、ひょっとした購入沿いに既に感染していたのかもしれません。

 

まあ来年になれば結果は出ます。

 

 

 

栗の花が咲いてきれいとは言いません。

くさい。

f:id:gooddogcatgood:20180615020744j:plain

 

こちらは栗が出来る部分ですが、膨らんできています。

f:id:gooddogcatgood:20180615020757j:plain

クリタマバチが寄生しているようです。

毎年この栗の木は、沢山の「虫こぶ」が出来て栗の収穫は少ししか出来ません。

 

 

クリタマバチは害虫ですが、同じ栗の木には共生している生き物も居ます。

f:id:gooddogcatgood:20180615020815j:plain

栗の木で共生関係の「トゲアリ」「ムネアカオオアリ」と「アリマキ」。

アリマキと言うよりもアブラムシの方が一般的?

 

 

この辺りの冬場の最低気温は氷点下は当たり前で、マイナス6度を下回る日が一冬に何度かあるような寒い地域です。

ミカンのきは冬場痛めつけられて弱っていましたが、ようやく新しい新芽がおおきくなり大きくなり元気になりました。

f:id:gooddogcatgood:20180615020840j:plain

 

産みつけられた卵はアゲハチョウ?

f:id:gooddogcatgood:20180615020848j:plain

柑橘類の葉っぱにはアゲハチョウの幼虫が発生しやすいですよね。

 

こちらはモンシロチョウ。

羽の数が多い?

f:id:gooddogcatgood:20180615020859j:plain

上から見ると???・・・・

f:id:gooddogcatgood:20180615020908j:plain

左右に髭が見えますね。

オスとメスが仲良くしているようです。

菜の花の葉っぱにとまって卵産みつけるのでしょうか。

 

 

こちらは樹上に産みつけられた「モリアオガエル」の卵塊。

f:id:gooddogcatgood:20180615020918j:plain

f:id:gooddogcatgood:20180615020927j:plain

f:id:gooddogcatgood:20180615020937j:plain

 

なかには、落ちてしまった卵もあるようです。

f:id:gooddogcatgood:20180615020946j:plain

私の畑の近くにもモリアオガエルが居るので、今年も蓮根池にモリアオガエルが現れるかもしれません。

 

コハクとイブキは散歩のときに、雑草をよく食べます

f:id:gooddogcatgood:20180615020956j:plain

この写真の左に移り込んでいる植物は?

 

拡大するとこんな植物ですが?

f:id:gooddogcatgood:20180615021005j:plain

ウバユリもゆり根を食べることができるそうですが、雑草の中でも負けずに大きく育ちます。

 

人が栽培する作物は何故雑草よりも成長速度が遅いのでしょうね。

f:id:gooddogcatgood:20180615021024j:plain

サトイモは雑草に負けっぱなし。

 

 

こちらは昨年の秋に冬越しをさせるために、里芋を木材チップに埋めておいて忘れていたもの。

f:id:gooddogcatgood:20180615021034j:plain

写真では分かりにくいですが、木材チップには栄養分が少ないのか、育ちが悪いようです。

 

こちらは先日お客様から頂だいした「番茶」。

f:id:gooddogcatgood:20180615021113j:plain

これを一晩水出しすると、とてもさわやかな味の美味しいお茶になります。

f:id:gooddogcatgood:20180615021122j:plain

このお茶の栽培にも肥料をたくさん使うそうです。

硫安や、お茶用の肥料が存在するそうです。

 

 

生徒たちは、夕方暗くなりかけると自分から寮(鶏小屋)に帰ってきて高い場所に集まって寝ます。

f:id:gooddogcatgood:20180615021131j:plain

この時も一羽だけ少し離れた場所で寝ていることが多く、いじめられてるのではないかと心配しています。

別居も考えていますが、そうすると残りの6羽の中で再び一番弱い子がいじめられ始めるかもしれないと、それも心配です。

 

これは何の花か分かりますか?

ふつうは夏至を過ぎた頃に種まきをするのですが、昨年秋に取り入れたときにこぼれた種が発芽し今の時期に花が咲きました。

f:id:gooddogcatgood:20180615021140j:plain

韃〇蕎〇の花。

 

先日のカタツムリの雌雄(性別)はありません。

雌雄同体でしたね。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ    にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ

ゴールデンレトリバーと畑と鶏と。
上記のランキングに参加中です。
できれば、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ    にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ

上記のランキングに参加中です。
できれば、応援クリックお願いします。